「梅は三毒を断つ」という言葉のように、古くから薬木として民間薬や健康食のひとつ
として人々に愛されてきた梅ですが、近年では美容食としてもとても注目されています

梅にはクエン酸、フラボノイド、ミネラル、ビタミンなどの多くの美容によい成分を含み、
美肌効果、ダイエット効果が期待できるといわれています

140625_059_.jpg

【梅の美容によい成分】
〇クエン酸
酸味成分で私たちの身体のエネルギー生成や疲労回復に重要な働きをしています
また、カルシウムや鉄などのミネラルの吸収を助けることが知られています
すっぱい梅干しを食べることにより、唾液腺から分泌される成長ホルモンの1種
「パロチン」が分泌され、新陳代謝を促すことから
「パロチン」は「若返りのホルモン」といわれています。

〇フラボノイド
抗酸化作用があり、体内に増えすぎた「活性酸素」を抑えて、美しい肌をつくるのに
役立つといわれます

〇カリウムなどのミネラル
カリウムには余分な塩分を排泄させる作用があることから、血圧調整によいといわれます
また、神経や筋肉の機能を保つ働きがありので、不足するとむくみやすくなります
カリウムを補えば、余計な排泄物を尿に促してくれるため、むくみの予防になります

〇ビタミンE
脂溶性ビタミンのひとつで、高い抗酸化力をもつことが知られています
梅にはリンゴの33倍分が含まれているといわれています

すっぱい梅干しなどのクエン酸を多く含む食物は体内でエネルギー変換効率を良くする
働きがあるといわれていて、食べ物が効率よくエネルギーになるため、無駄な体脂肪を
貯め込みにくくなり、ダイエット効果も期待できるといわれているすぐれもの

吉野の梅干し(小梅)
https://horiuchi-fruit.shop-pro.jp/?pid=149509883
吉野の自家農園で大切に育てた梅を昔ながらの手法で丁寧に漬け込んだ、小梅の梅干し。
小粒なのでお弁当やおにぎりにぴったりの塩加減がちょうどよい甘くない梅干しです。


梅干し(南高梅).jpg

梅は食べるだけではなく、古来から、万葉集などでもかわいい花や上品な香りを愛でる
習慣があり、心安らぐものとしても、縁起の良いものとしても長く愛される植物でもあります

カテゴリ

月別一覧

PAGETOP

ネットショップSHOP